上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ブラッとひとり旅をしたいなぁ~。
出来なくはない。
出来なくはないんだけれど、あまりにも日にちが限定されてしまう…(-"-;)

それは盆と正月。
旅費が一番高くなる時期にしか出掛けられない。
鹿児島にも帰りたい。
と言っても、祖父母の家はすでになく更地になってますが。

生まれ育ったというわけでもなく、長期の休みのたびに行かされていただけなんですけどね。
それでも第二の故郷になるんですかね。
大好きです。


ただ、お小遣いで行けるほど近くはない。
鈍行で行こうものなら丸二日かかってしまう。
故に疎遠になってしまっているのは事実。

お小遣いでギリギリ行けるって言うと、せいぜい東京まで。
それも宿代はほぼ出ない。
無理矢理知人宅に押しかけようかしら?(ぇ

最近はレディース専用のカプセルもあるらしいけど、それじゃ落ち着かないし(^_^;)
ネットカフェなんてもっと無理。

そんなわけで旅行もままならない悶々とした日々を送っています。
スポンサーでもいればなぁ~…。
スポンサーサイト
2009.07.16 Thu l 戯言 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日「空晴」さんのお芝居を観てきました。
彼らのお芝居はいつも見終わった後に、心の中がほっこりします。

お芝居の中で認知症のことが少し出てきました。
チクッと胸が痛みました。


母が倒れてからもうすぐ7年。
体が不自由なことも、言語が不自由なことも、分かっているのに認めたくない自分がいる。
認めたくないから母の傍にいたくない。
母に辛く当たってしまう。

その反面、自分が面倒を見なきゃいけないと思ってる自分がいる。
でも結果として、母の面倒を見ることに疲れ果てて投げ出してしまった。

もう限界、と思う頃に母が入院。
内心ホッとした。

頭では分かっていても、気持ちが全くついて行っていない自分がそこにいた。
全てを受け入れるというのは、それはそれは大変なことなのかも知れない。
だから逃げているんだ。

日々重くのし掛かってくる現実から逃げたくて仕方がなかった。
だから内心ホッとしたんだ。
これからは母のことに追われる日々を過ごさなくていいと、ホッとしたんだ。

でも、病院での母を見ていると、もっと親身に介護してくれればいいのに、と思ってしまう。
これは完全なエゴだ。

週に一度しか病院に行かないくせに、私は何を言っているんだろう。
いろんな思いが交錯する。



ホント、いつまでたっても甘ちゃんだな。
心はいつまでたっても子供のまんま。
まさにピーターパン・シンドローム状態。

ずっとこのままなのかな、私。
きっとこのままなんだろうな。


まだ、母の現状を受け入れる覚悟が出来ていないんだから。
2009.07.09 Thu l 戯言 l コメント (4) トラックバック (0) l top
なんだか慌ただしくてやる気が起きません。
仕事にしても家事にしても…


やらなきゃいけないと思えば思うほど、体がついていきません…(;´д`)トホホ


これって軽い更年期障害かしら??(ぇ



あ~、温泉でも浸かってのんびりしたいです。



元はと言えば自分が蒔いた種。
自分で刈り取らなきゃいけないんだけれど…


時々一人になりたい気分。
思う存分眠りたい。
思う存分ダラダラしたい(今もしてるけど(何)


リセットしたい気分です。
2008.04.02 Wed l 戯言 l コメント (2) トラックバック (0) l top
高校生達のダンスの稽古を見ていると、キラキラと輝いていて眩しい。
あぁ、青春っていいなぁ~(遠い目

全身で「ダンスが好き」と物語っている。
特に男の子は好きじゃなきゃ続けられない。
大阪ではクラシックバレエやモダンダンスの男性ダンサーは育ちにくい。
変な偏見のせいで…。
冷やかしも多い。

それでも続けていられるというのはよっぽど好きだということだ。

私はこの年になってまたダンスを始めた。
ブランクは大きい。
ましてや基礎代謝が落ちた今、体重の調整は全くと言っていいほど出来ない。
おかげでいちばん大きい( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

それはさておき、今こうやってまたダンスをやるということは、やっぱり私もダンスが好きだということだろう。
ものすごく遠回りしたけれど…

下手でも何でも体を動かすのは好き。
全身で何かを表現するのは好き。

私は舞台の上で輝いているだろうか。
高校生達の中に混じって輝けるだろうか。
2008.02.18 Mon l 戯言 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。