上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
娘の熱があまりにも下がらないので、やっぱり気になって夜に別の病院へ行った。
いつも行っている病院が午前中しか診察をしていないためだ。

事前に電話で簡単に状態を知らせておいた。
突然行っても悪いと思ったので…。

病院に行って、現在処方されている薬の説明書を渡した。
その後問診も何もなくいきなり診察室ではないところへ通された。
いわゆる隔離。
ここまでは分かる。

しばらく待たされて先生がやってきた。
先生は「この子、ほとんど何も食べてないでしょう。水分も余り取れてないでしょう。」と言う。
私が「そうなんです。」と言うと、「今、胃腸性の風邪が流行ってるから、多分それでしょう。」と言いながら、娘をベッドに仰向けに寝かせ、お腹を診察する。

「下痢も何もありませんけど。」と言うと「食べてないから。気持ちが悪くなるから食べないんでしょう。」と。

え?え?胃腸性の風邪って水分摂っても下すし、食べたら吐くでしょう?
今のところそんな症状は全くなく、朝はきちんと食べたのに…。

「やっぱりお腹ゴロゴロいってるわ」
いぁ、それは何も食べてないからでは?

「インフルエンザの検査はしたの?」と聞かれたので、やってませんと答える。
すると「多分違うと思うけど、念のため検査しておくね。」と言って検査キットを持ってきて、娘の鼻から綿棒を射し込み、検体を取っていった。

この間に少し私とやりとりをしたが、先生の断定的な意見は一向に変わらず。


私、なんだかやだなー。と思ってました。
こっちに来てろくな小児科医に会ったことがないような気がします。
まぁ確かに私が悪かったこともありますが…(^_^;)

こっちに来てかかりつけの小児科というものを持たなくなりました。
なんなんでしょうね~、これって。


そんなこんなで待つことおよそ5分。
先生が来て「インフルエンザでした。」とのこと。
やっぱり…


普段熱を出さない子が、こんな高熱を出すのはインフルエンザだわよ。
と、内心思っていました。
そして「今回は水分を摂ってないから症状が分かりづらかったんです。」とも言いました。

それから娘に向かって「100%ジュースとか飲めるやろ?おみそ汁とか…。」
と言うので、私が「100%ジュースはあんまり飲まないんですが…。」
「とにかく水分を摂らせて下さい。こういう時はお茶やお水はダメ。スポーツ飲料とかおみそ汁とか、ご飯の時も水分の多いもの、スープみたいなものを摂らせて下さい。」
と言うので「カロリーのあるものがいいんですね。」と言うと、
「そうじゃなくて、塩分を摂らないと脱水症状を起こしますよ。」と言う。

あのー、んなら最初から水分と塩分と言ってくれれば…(-"-;)

「インフルエンザの薬ともう一つ、胃腸のお薬を出しておきますので。」とのこと。
脱水症状を起こしかけている娘に点滴はなし。
確かに診察終了間際に行ったけどさ…。


薬局に行って処方箋を出し、薬をもらうと、その中に吐き気止めと整腸剤が…。
だから~…、吐いてないってば(-"-;)
吐き気があるから食べられないんじゃなくて、熱のせいで食欲がなかっただけなのに…。
熱が下がったら食事出来てますから。


親が子どもの普段の状態を一番よく知ってるはずなのに、どうしてこうも断定的に話をするのだろう。
前にかかっていた小児科医もそうだった。

それが面倒で、行くのをやめたのだ。


まぁ、滅多に病院に行くこともないからいいのだけれど、やっぱりこういう時にかかりつけがないと困る。
いつも行っている病院はかかりつけにはならないようだ。
何故かいつも「かかりつけの病院は?」みたいな話になる。
確かに非常勤の先生ばかりで、行くたびに変わっているが…。


私の勝手な決めつけかも知れないが、小児科医というのは親の話をもっと聞くべきなんじゃなかろうか。
普段の様子が分からなければ、今だけを見ても分からないこともあると思うんだけど…。

そりゃ小児科医ですからたくさんの子どもを診てきてらっしゃる。
だけど、全員が全員同じではない。
子どもだからといって果汁100%のジュースが飲めるわけでもないし、胃腸性の風邪が流行っているからといって、うちの娘が胃腸性の風邪に間違いないと断定されるのも困る。

勝手にこの子はこうだから、などと言われても困る。
普段の生活を知らないのにそう断定されても…。

小児科って病気を診るだけで、子どもは見ないんでしょうか。
親の話をきちんと聞いてくれなくて、断定で診察するんでしょうか。


今日、改めて疑問に感じました。
スポンサーサイト
2009.10.21 Wed l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

自信過剰?
随分と自分の診断に自信があるお医者さんなんですねぇ。普段の様子を知っている親はとかく普段と違う部分だけを話しがちだから参考にならないとでも思っているんでしょうかねぇ・・・
お嬢さんのインフルエンザ、早く治りますように。
2009.10.23 Fri l katsuei. URL l 編集
どうなんでしょうねぇ??
でも普段を知る親から話を聞かないと、どこがどう違うのかが分からないと思うんですが…。
子ども一人一人の元々の体質も違いますからね。
胃腸の弱い子もいれば、そうでない子もいる。
すぐ熱を出す子もいれば、調子が悪くてもなかなか熱の出ない子もいる。

そういうのは一見して分かるものとは思えないんですが。
ましてや初見ですからね。

おかげさまで娘は熱も下がり、すっかり元気です(^^)
月曜日からは元気に登校してくれるでしょう。
2009.10.24 Sat l ひらめ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pipit.blog26.fc2.com/tb.php/311-a16552f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。